在宅医療支援

在宅訪問薬局とは?

私たちの調剤薬局は、「在宅訪問薬局」と言って、薬剤師がご自宅までお薬を届けて、服薬指導や薬剤管理を行う薬局です。何らかの理由で、来局することが困難な患者様の為に、訪問するといったスタイルをとっています。
昨今、ご自宅や施設で療養される患者様が増加する中で、在宅に進出する薬局が多くなってきましたが、1つの薬局が抱えている患者数は、少ないのが現状です。その理由は、目の前にいらっしゃる外来患者様にお薬をお渡しすることが、最優先だからです。
私たちは、在宅に特化して業務を行うことにより、患者様の多種多様なニーズに答えていこうと考え、実践しています。

訪問薬剤指導とは?

薬剤師が、患者様のご自宅へ薬剤を届け、服薬指導を行うことです。
ご家族やケアマネジャー、ヘルパー、医師、訪問看護等と連携を取り合い、患者様の療養生活の向上を目的としたサービスを行います。
他職種の方々と情報交換を行いながら、患者様にあった薬剤(剤型等)の提案も行います。
また、緊急時には、すぐに臨時薬をお届けするといったサービスも含まれます。
手持ちのお薬が切れる、といった心配から解放され、ピルケース等での管理により、格段に服薬コンプライアンスが向上するケースもあります。
私どもは、一人一人の患者様に合った薬剤管理方法をご提案を致します。

普通の薬局との違いは?

通常、風邪等で病院に通院した場合、処方箋が発行されます。
その処方箋を持って、近く(門前)の薬局に行き、処方箋を提出します。
しばらく待つと薬が出来上がり、自宅に持ち帰り、服用する。
この流れは自然と理解されていると思います。
では、在宅訪問薬局では、この流れはどのようになるのでしょうか。
まず、通院ができない状態の方(足がご不自由な方やご高齢で通院ができない方)が、ご自宅で訪問診療を受けます。その際に、医師から発行された処方箋を、薬局にFAXすることで、薬剤師がご自宅へお薬を届けに行く、といった流れです。
言い換えれば、「ご自宅にいてもお薬が届く」サービスということになります。
もちろん、通院で受取った処方箋でも、薬局にFAXさえしていただければ、ご自宅へお届けすることができます。

料金はどのくらいかかるの?

  • 介護保険を利用すれば、お薬代の他に、別途1回の訪問で503円(1割負担の場合)です。
  • 特別な場合を除き、何度訪問したとしても、月最大4回までの算定となります。

例:今日訪問して、3日後にまた処方箋が出て、再度訪問した場合⇒1回目の算定日から起算して、なか6日以内での再訪問なので、503円はかかりません。

スタッフの声

男性スタッフ(30歳)

僕は今まで、クリニックや機関病院の門前薬局で薬剤師として勤務していました。
管理薬剤師として薬局を引っ張っていくことをやりがいにして、日々の業務を行っていましたが、どうしても仕事がルーチンワークになりがちで、何か新しいことにチャレンジしてみたいという気持ちがありました。
そんな時期に、在宅訪問薬局のセミナーに参加したことで、自分がやりたかったのはこの仕事だと感じました。
実際の現場は、一人として同じ患者様は居ないので、日々刺激になることばかりです。
医師だけでなく、他職種の方々と連携をとることで、本当のチーム医療を実感します。
これからは、今以上に在宅での介護や医療が必要な時代に突入します。
僕たちと一緒に次世代の薬局を作っていきましょう。

女性スタッフ(42歳)

私は以前、いわゆる門前薬局で医療事務として仕事をしていました。
門前薬局とは、数週間ごとに、ほぼ決まった患者様が来局されるといった薬局です。
同じ患者様と定期的に顔を合わせ、一回一回信頼を積み重ねていく仕事には充実感もありましたが、一方で、新しいことにもチャレンジしたいという気持ちがありました。そこで出会ったのが、在宅訪問薬局でした。
私たちの薬局は、医療保険だけでなく、介護保険の勉強もできますし、何よりも、他業種の方々との繋がりが多いので、仕事に幅が出来たように感じます。
仕事の幅を持たせたい、経験値を増やしたいという方は、是非チャレンジして下さい。

男性スタッフ(29歳)

私は以前、製薬メーカーでMRをしていました。
社会を知る意味でも、メーカーへの勤務は大変実のあるものとなりましたが、いずれかは薬剤師の免許を活かして仕事をしたいと考えていました。
そんなある時、在宅訪問薬局の存在を知り、「この仕事だ」と決意しました。
実際に、よくある「待つ薬局」ではなく、「行く薬局」というイメージ通り、フットワークが必要になります。
また、ケアマネ、ヘルパー、医師、訪問看護といった様々な職種の方と連携を取りながら仕事をするので、チーム医療を実感しますし、営業活動をしていた私にとっては、とてもやりがいを感じることができます。
チーム医療を実践したいと思っている方なら、絶対に在宅訪問薬局をお勧めします。
私たちと一緒に働いて地域医療に貢献しましょう!